自作無料ゲーム「戦国風表計算野球」を自ら遊んだプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 納豆城 護
 
[スポンサー広告
満塁弾   【2年目関ヶ原シリーズ第3戦】
無料ゲーム「戦国風表計算野球00_h2」 : プレイ日記 >>


関ケ原シリーズ 第3戦 (2年目シーズン)


kai 洛中フェニックス
          vs
met_ouu南総シャークス

                    於:百首球場

得点板 >>2年目の関が原3試合目


敵地:内裏球場で洛中フェニックスに連勝し、
意気揚々とホームに凱旋した
我が南総シャークス。
南総が一気の王手となるか、
はたまたシーズン本塁打152本の破壊力を持つ
乱世リーグの覇者:洛中フェニックスが一矢報いるか。


先発は、南総が今季13勝、18QSをあげた
サウスポー、正親町 吉仁
洛中が、中継ぎと併用ながら7勝を挙げた 目賀田 剛縄 をマウンドに送る。
うーん、洛中の荻野監督はエース:谷柏を使わない積りなんでしょうか。



3回まで両投手が無失点で抑え、締まった展開。
特に目賀田はピンチの場面を得意のフォークで切り抜けています。

ただ、またしても4回。
第2戦と同じく4回に南総の人食い鮫打線につかまってしまうのです。

1死後、9番:藤方 春康が歩き、続く佐野昌綱
ど真ん中のシュートを打ち損じて遊撃:森本正面の平凡なゴロ、
ダブルプレーかと思いきや、
一走の藤方の足が早く、2塁も1塁もオールセーフとなります。


これに気落ちしたか続く2番:鞍谷を歩かせた目賀田、
1死満塁というピンチに、

左打者_南総h今季.323、25本、打点117と南総が誇るスラッガー、
不動の3番: 蔡 廉正 (28失策) を左打席に迎えます。

蔡は、初球の少し低めに外れたスライダーを見送ると、
2球目高めに浮いたボール球のシュートを一閃。
打球は中翼最前列に突き刺さって、なんと
グランドスラム です。



我が南総の人食い鮫打線、またも4回で鳳凰の息の根を止めました。


続く5回にも2点を追加した南総は、
6回投げてわずか67球、自責ゼロと好調の正親町を
交代する余裕の采配、
この後、赤川-神後-秦泉寺とつないで2試合連続の完封リレー、
打線は8回にも2点をあげ、
終わってみれば 0-8で南総の大勝 となりました。



3連勝で王手をかけた南総シャークス、
この3戦は投打で洛中を圧倒、
次も勝って、
一気の天下統一 と相成るか。



次回、関ヶ原シリーズ第4戦をお知らせいたします。


最新成績 (最新じゃなかったらすみません)  >>click!!!
スポンサーサイト
Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[ プレイ日記2年目_後半戦

thema:ゲームプレイ日記 - genre:ゲーム


飛び散る鳳凰の羽根    【2年目関ケ原シリーズ第2戦】
いやー、だいぶ御無沙汰してしまいました。


前回アップしたのが6月末。  >>これ

ぼーっとしてる間に、ブログは更新しないし、
夏が通り過ぎて、いつの間にか秋になってしまいました。

当プレイ日記は、ちょうどプレーオフ初戦で更新が止まったんですが、
日本プロ野球も優勝が決まり、そろそろ日本シリーズが始まります。

まずい、こっちも進めないと。

という意味の無い焦りを感じ、とりあえず更新してみます。
また止まるような気もしますが。







無料ゲーム「戦国風表計算野球00_h2」 : プレイ日記 >>


関ケ原シリーズ 第2戦 (2年目シーズン)


kai 南総シャークス
          vs
met_ouu洛中フェニックス
                    於:内裏球場

得点板 >>2年目の関が原2試合目


えーと、なんだったっけ?
と思い出すと、頂上決戦である関ヶ原シリーズの第2戦だったんですね。
戦雲リーグを制した我が南総シャークスは、乱世リーグの覇者:洛中フェニックスの
本拠:内裏球場に乗り込んで、5-1と初戦を制し、さあこれから第2戦だ、
という所でした。

南総は今季フタ桁10勝、20QS、防御率3.08とローテの柱と
なった、雑賀 有全 が先発。
一方の洛中は 内藤 忠鎮。 
またまたエース:谷柏を出し惜しみか?と思いきや、
この内藤は8勝(8敗)と勝ち星には恵まれないものの、
MAX157km/hと多彩な変化球を併せ持ち、防御率は2.70。
ナメてはいけない投手です。


3回表までは両者とも走者を出しつつも無失点。
しかし3回裏は雑賀が3者凡退で切り抜けます。
それが流れを呼び込んだのか分かりませんが、
4回表に内藤が崩れます。

先頭の5番:朝倉 義景をストレートのフォアボールで塁に出すと、
続く津森、姉小路にも連続四球、最悪の2死満塁に
迎えた8番:槙島 祗治に1B-0Sの2球目、内角に入れたカットボールを
中翼フェンス直撃の2塁打にされ、2点の先制を許します。
続く9番:藤方 春康には初球のシンカーがど真ん中に入って、
三遊間を抜かれて1点追加。
なおも無死1・3塁の状況から、1番:佐野、2番:鞍谷にまたも連続四球、
押出しで4点目を献上。

たまらず洛中:萩野監督は投手を交代し、この回はこれ以上の失点は
食い止めますが、ちょっと遅かった。


右投手_南総雑賀にはこの4点で十分だった のです。
5回裏に2死満塁というピンチもありましたが、
得点圏打率.448でリーグトップだった4番:景轍 承氏
146km/h内角直球でサードゴロに抑え、
終わってみれば7回113球、被安打5、与四球5と苦しいながら、
失点ゼロと試合を作りました。


試合は 6-0と南総の圧勝

ホームでまさかの連敗スタートとなった洛中フェニックス、
房総の鮫に噛みつかれ、無残に飛び散る金色の羽根、
乱世リーグ覇者の意地、鳳凰の矜持を見せろ、フェニックス!



次回は我が南総のホーム:百首球場での第3戦です。





最新成績 (最新じゃなかったらすみません)  >>click!!!
Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[ プレイ日記2年目_後半戦

thema:ゲームプレイ日記 - genre:ゲーム


鮫の牙  【2年目関ケ原シリーズ初戦】
無料ゲーム「戦国風表計算野球00_h2」 : プレイ日記 >>


関ケ原シリーズ 第1戦 (2年目シーズン)


kai 南総シャークス
          vs
met_ouu洛中フェニックス
                    於:内裏球場

得点板 >>2年目の関が原1試合目



ついに始まりました 関ケ原シリーズ

戦雲リーグを制した我が南総シャークスと、
乱世リーグの覇者:洛中フェニックス

第1・2戦は洛中のホーム、内裏球場で行われます。

前回、洛中の傾向を紹介しましたが  >>これ
そこでもふれたように投手はどちらかというと救援陣重視。

その為か第1戦に、我が南総はエース:不動寺春佐を立てたのに対し、
洛中の先発は、13勝を挙げたエース:谷柏二守ではなく、
成松貞史
9勝8敗、防御率3.68、whip1.68 と微妙な成績。


とはいえやはり怖い、
12球団随一の152本塁打をかっとばした
「火の鳥打線」
12球団トップのチーム打率.292を誇る我が
「人食い鮫打線」との打ち合いになるか。


先制したのは火の鳥打線。
意外な形で点が入ります。2回裏、南総先発:不動寺は
先頭の5番:江村景慶に対し1B-2Sと追い込むも、4球目外角低目に外した
ボール球のシンカーをうまくひっぱられ、3塁線を抜けるツーベース、
続く6番:尾上言吉が初球をきっちり送って、1死3塁。



捕手_南総打席には7番:木脇益照、1B-2Sとまた追い込んだが、
4球目、捕手: 槙島祗治 が
要求した外角高めに外すストレートを捕りそこねて
パスボール


シーズン517回1/3をマスクかぶって一度もパスボールのなかった※
鉄壁の捕手がまさかのタイムリーエラーです。
 ※38試合目から記録を取っています。


これが頂上決戦の怖さなんでしょうか。
予期しないことが起こります。


ですが、そこは12球団最多の106失策を犯している
我が南総シャークス、エラーした分は打撃で倍返し、
得意の過剰防衛です。


3回表、
あざやかな集中攻撃 を見せつけます。

先頭は8番:槙島祗治、初球外角高めのチェンジアップを強振、
3塁線を破るツーベースで早速汚名挽回。
1死後、1番:佐野昌綱が初球ど真ん中のフォークをセンター前に運び、
続く2番:鞍谷尚由が四球を選んで1死満塁。
ここで3番:蔡廉正 が、2球目ボール球のフォークを
センター前に打ち返すタイムリー、あっさり追いつきます。


伊東一刀斎_修正そして左打席に剣豪四番、
2年連続首位打者の 伊東一刀斎


1B-1Sからの3球目、高めに浮いた
127km/hボール球のチェンジアップを一閃、
三遊間を痛烈に抜いて、これまたタイムリー。
次の5番:朝倉 義景の内野ゴロもダブルプレー崩れで1点を生み、
この回3得点。


一気の勝ち越しです。


このあと洛中先発の成松は精彩を欠いて、4回表こそなんとか無失点で
しのいだものの、5回には無死1・2塁のピンチを作って降板。
79球、5回0/3、自責3、被安打7、与四球4とあまり良くありませんでした。


あとを受けた真壁 鎮経が5回表をしのぐものの、
続く6回表、可哀そうに人食い鮫に噛みつかれます。

朝倉義景_打者先頭の9番:藤方春康のセンター前を皮切りに、
1番:佐野の四球、3番:蔡の左前打でまたもや1死満塁のお膳立て、
再びの剣豪四番:伊東一刀斎。
ここで呼吸するようにタイムリー、力ないシンカーを
センター前に運んで追加点。
続く朝倉義景が押し出しを選んで、こちらもなにげに
2打点目。



一方の我がエース:不動寺は結局あのパスボールによる1失点のみ。
7回70球、被安打4、与四球1 と見事な投球。
8・9回を石巻・秦泉寺が無失点で締めてゲームセット。


5-1で南総シャークス、
大事な初戦を獲りました。


次回、第2戦をお伝えします。
初戦は不動寺の前に沈黙した火の鳥打線、
次は目を覚ませるか?


メット_洛中


Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[ プレイ日記2年目_後半戦

thema:ゲームプレイ日記 - genre:ゲーム


シーズン終了 【2年目】
無料ゲーム:プレイ日記 「戦国風表計算野球00_h2」 >>


2年目シーズンが終わりました。
しつこく言ってますが、我が南総シャークス優勝しました。

昨年はひどかったので >>如実な記事
感慨ひとしおです。

プレイ日記は優勝決定の137試合目までお知らせしてましたが >>これ
その後の最終13試合、2つのリーグの状況を簡単にお知らせします。


 137試合終了後150試合終了後最終13試合(138~150)
 戦雲順位勝率順位勝率勝率
南総10.591010.56002920.231
奥羽20.4891420.520610120.846
浜松40.48514.530.487115530.500
春日山20.4891430.487114540.462
甲斐40.48514.550.48311.56700.462
坂東60.4601860.46314.56610.500
 乱世順位勝率順位勝率勝率
洛中20.577110.58008500.615
薩摩10.584020.5701.55710.423
山陰30.533730.553410300.769
博多40.4961240.487144720.385
土佐50.47115.550.45718.53820.308
佐和山60.33933.560.353345530.500


まず我が南総シャークスが所属する戦雲リーグ。


奥羽 の快進撃が最後まで止まりませんでした。

なんと、10勝1敗2分で 勝率.846

14ゲーム差あった南総との差を最後は6ゲーム差まで縮め、
単独2位でエンディングしたのです。

確かに南総は関ヶ原シリーズを睨んで調整メンバーで臨み、
2勝しかしなかったのですが、それにしてもすごい。
投打ともに大幅なレベルアップを果たし、すばらしいチームに変貌したのですが、
そのへんはまた改めて振り返ります。

*******************************


一方の乱世リーグ。

こちらは昨年同様、薩摩と洛中のマッチレース
南総が優勝決めた時は丁度、両チームの今季最後の直接対決3連戦が
行なわれていました。

ゲーム差なし同率首位の状態で、薩摩のホームである内城スタジアムにおいて
このカードは始まりましたが、1勝1敗1分と両者相譲らず。

ゲーム差なしのまま、あとは直接対決はなく、
それぞれの負けられない戦いが続きました。

薩摩にとって痛かったのは、3位山陰とホームで戦った140・141試合目。
3-2、2-1といずれも1点差で試合を落としてしまい、
この間洛中は博多相手に勝っているので、ここで2ゲーム開いてしまいます。

薩摩も粘り、少し差を詰め、149試合を終えた時点で
洛中に0.5差に迫りました。
最終戦で、洛中が山陰に負け、薩摩が佐和山に勝てば
薩摩が逆転Vという状況を作ったのですが、
結局、洛中は勝ち、薩摩は負けたので、
洛中が優勝。

結局、140試合目から順位は変わることは無かった訳です。
大事なラスト13試合の星取りが、命運を分けました。


**************************


ということで、関ヶ原シリーズは、

南総 vs 洛中

というカードで決まりました。



次回は、関ヶ原シリーズを展望したいと思います。


Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[ プレイ日記2年目_後半戦

thema:ゲームプレイ日記 - genre:ゲーム


優勝インタビュー  【2年目第137試合後】
無料ゲーム「戦国風表計算野球00_h」 : プレイ日記 >>


前回、優勝をお伝えした南総シャークス。

今回はその優勝インタビューの様子をお知らせします。



京童放送席、放送席!
優勝した南総シャークス、奥山監督です!
監督、おめでとうございます!




わー !
 (ビジターなので盛り上がりは微妙)




監督穏_顔vいやー、ありがとうござる。ここまで、本当に長かった。


納豆城_顔そうそう。
本当長かったんだよ。辛かったよ。苦しかったよ。
うわーん(泣)。


京童うわーん(泣)じゃねーよ。

お前何やってんだよ。今優勝監督インタビュー中やぞ。
お呼びやないわ、とっとと消えろボケ。


納豆城_顔あー!
この人触った!ほら、つかんでる、つかんでる、いたたた、助けて下さーい!監督も助けて!
みなさーん!インタビュアーの暴力ですっっっ!
メディアの横暴ですよお!











しばらくお待ち下さい。










京童はい。

こちらは、優勝チームのオーナーの、なっとーじょーさんでーす。
まあ、よかったですね。今回。


納豆城_顔有難う~。本当良かったよ。ね、監督。優勝だぜ?シーズン始まる前はさ、どうしようかと思ったよねー。去年がひどかったからねー。


監督穏_顔vいや、ワシは手応えございましたぞ。皆、気合入っておったし、何よりファンの皆さんの応援が大きくて、それが選手たちの力を押し上げ申した。





わー!
(一応左翼席は盛り上がるが、やっぱりビジターだとファンが少ない)




京童(奥山はん、ちとまとめんのが早いで)
はは、ファンも喜んではりますね。そうですか、では、「手応え」とのことですが、まず季初一番手応えを感じた選手は誰ですか?監督?


納豆城_顔そりゃ、伊東一刀斎だよ。4番だよ。
なんつったって、前年首位打者だぜ。


京童だから、お前には聞いとらんわ!

ワシゃ、「監督?」ちゅうて、ちゃあんと監督に聞いとるやろが、それをなんや?
あんなあ、ワシが、「どうですか?オーナー。今季の球団運営で成功した点はどこでしょう?」とか言ってマイク向けたらな、そしたら初めて喋ったらええねん。


納豆城_顔そーですねー。運営面では、監督の手腕もあってかなり球団が儲かりました。興行的にも成功でした。そんな所ですかね。


京童って、そこに答えて来るんかい!

おんどりゃ、黙ってりゃ良い気になりくさって、もう許さんわ!出ろ、グランドの外に出んかい!


納豆城_顔ちょっと待ってよ。
「黙ってりゃ」って、あんた全然黙ってねーじゃん。
マジで、喋くりまくってんじゃん。


京童むきー









しばらくお待ち下さい。









京童はい。

話が全然進みませんからね。マキますよ。監督、今季は打撃だけでなく、投手力も向上して素晴らしいチームになりました。(答えようとしたオーナーを蹴たぐってお立ち台から落としながら)チームづくりではどんなことに気をつけられましたか。


監督穏_顔v出る杭を打たないようにした。

正捕手が槙島だから、強気に得意な球種をどんどん放らすのでの、投手ものびのびしておった。打線も殆どバントせず、無死一塁でも「併殺でも構わぬ、打つべし、打つべし。」と言うたのよ。実際2番に固定した鞍谷の併殺は19。首位打者の伊東一刀斎が17だから、結局少なかったしのう。


京童(お立ち台の下に転がっていたオーナーがゆっくりと立ち上がり、首を鳴らすのを睨み据えながら)なるほど。投手は自信ある球をガンガン投げ込み、打者はバットをバンバン振った、という訳ですね。

お?チームリーダーの朝倉 義景さんがいらしてくれました。さ、どうぞ、どうぞ、お立ち台にお上がり下さい。


朝倉義景_顔vどうも。
皆様、優勝おめでとうございます!




わー!
 (そこそこの盛り上がり)



京童2001年のヤクルト:若松監督のパクリですね。
いやー義景公、今年も見事な成績、まさに不動の5番。一乗谷の業火も忘れましたか?


朝倉義景_顔vむぐっ。
まあ、一乗谷滅亡の話はともかくのう。チーム一丸で当たれた結果でござろうな。チャンスもピンチも、大事な場面で力が出た。そこじゃな。


京童なるほど、リーグで一番失点が少なく、かつ得点が最多だったのはその辺ですね。1試合あたり、3点取られる一方で、4.6点取っていた計算になります。
監督、一条谷の太守:朝倉義景公のリーダーシップいかがでしたか。


納豆城_顔そりゃお前、足利将軍に頼られる程の名族よ、この方は。
リーダーシップとかじゃなくて、天下を狙うかどうかの話 …
ゲフッ!




どかっ、ばきっ。
ごすっ。



わー!

京童と納豆城が、凄惨な殴りあいとなり、
奥山監督も朝倉も特にこれを止めず、静かに見守る中、
スタンドは今日一番の盛り上がり。


結局、納豆城がグランドに沈んだ。





京童はあはあ、では、以上、優勝、インタビューでしたっ!

出過ぎたる 杭は殴って イテコませ


Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[ プレイ日記2年目_後半戦

thema:ゲームプレイ日記 - genre:ゲーム


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。