自作無料ゲーム「戦国風表計算野球」を自ら遊んだプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 納豆城 護
 
[スポンサー広告
4・19 オリックスvs埼玉西武
野球の話 >>>


昨日行ってきました。




戦利品。


やっと菊池雄星が勝ち、やっとキャプテン栗山の調子が出て来て、新戦力脇谷がヒーローになった。

ライオンズにとっては、明るい要素の多い試合になりました。

スポンサーサイト
Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[野球

thema:プロ野球 - genre:スポーツ


西口文也 ~開幕一軍
野球の話 >>>


関東も咲き始めたようですね。





今年の西口投手は桜の季節に、一軍。

>>>これ


「元エースは現エースに託した」
のくだりが感慨深いっていうか、少し涙ぐんでしまうのは、私だけでしょうか。



これまでと役割が違いますが、マウンドで腕を振り切り、躍動するあの姿が、開幕から見れる(可能性がある)のはうれしいです。







Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[野球

thema:プロ野球 - genre:スポーツ


西口文也 ~中継ぎ
野球の話 >>>


埼玉西武ライオンズの功労者、
西口文也  が今季は中継ぎとして
開幕一軍を狙うとのこと。


>>これとか
>>これ


一抹の寂しさもありますが、
去年終盤の野上みたいに、
リリーフ登板で勝ち星稼げば、
意外と早く200勝到達出来るかもだし。

小差のビハインドで登板したら、
打線も西口に勝ちを付けようと、
気合い入るかもだし。

2009年にブルペン待機を経験済だし。










私は、御大が上で元気に投げている姿を
少しでも長く見ていたい。

Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[野球

thema:プロ野球 - genre:スポーツ


インパクト
野球の話  >>


先日来、2014日本プロ野球先週名鑑に目を通しているのですが、
 >>これとか >>これ


何か、こう、今年はビジュアル的に物足りません。



いや、いつもこんなもんだったんでしょうね。

2012年シーズンまでは。





それまで醤油ラーメンを普通だと思って食べてたのが、
1度、博多ラーメンを食べてしまって、それがベースになってしまい、
再び食べ始めた醤油ラーメンが薄味に感じてしまう、
そんな状況なんだと思います。




そう、昨年、2013年シーズンが
インパクトあり過ぎたんだ。


















ぱでぃーや

きっとそうだ。
Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[野球

thema:プロ野球 - genre:スポーツ


選手名鑑 2014  ~mook
野球の話 >>>



これも買いました。






例年通り、
キャンプイン前後に週刊ベースボールの名鑑号を買い、 >>関係記事
オープン戦が始まると、選手名鑑を買う。

という流れです。



さて、ここ4年間、日本スポーツ企画社の名鑑を買ってましたが >> 去年の記事
今年は、選手の写真の肌色が、
画像処理の関係か、黄色の強いのっぺりとした不自然な色になってたんで、
やめました。


投手の球種グラフ好きだったんですけどね。



ということで今シーズンは、日刊スポーツ出版社の名鑑にしました。
こちらは肌色がまとも なのです。


こちらでは、
投手の球種はグラフ表記は無いものの、
持ち球一覧があり、決め球には☆が付いてて分かりやすい。
アウトカウントの内訳(三振/ゴロ/フライ)もあります。

打者はカウント別の打率が載ってて面白い。
打点王の浅村(西武)は、1B-1Sだと.502という凄まじい
打率なんですが、
0B-2Sと追い込まれると.000。
実際はファウルで粘ったりしてるんだと思うんですが、
随分とはっきりしています。

なお、上記のような詳細情報が出てるのはチームの主な選手のみです。
とはいえチームごとに20数人記載されてますから、
数は十分多いです。



いずれにせよ、
日本スポーツ企画社にしても、日刊スポーツにしても
ホールドが出てないんですよね。
いずれ載せて欲しいなあ。




ということで、こっちの名鑑も
だらだら読むぞっ!!!!

Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[野球

thema:プロ野球 - genre:スポーツ


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。