自作無料ゲーム「戦国風表計算野球」を自ら遊んだプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 納豆城 護
 
[スポンサー広告
伊東一刀斎、先制ツーランも、南総競り負け 【1年目第3試合】
南総_打者_左南総シャークス不動の4番、
伊東一刀斎 が
1回裏、同点に追いつくツーラン!!!!

勝てる!!!   と思ったんだけどなあああ。




開幕 3 試合目

met_hama浜松ドルフィンズ
          vs
met_nanso南総シャークス
                    於:百首球場

成績: 得点板01_03

※スコアのデータは重いので添付やめました。

試合は両チーム合わせて39安打、13得点が乱れ飛ぶ乱打戦。
ショッパナから動きます。
1回表2死1塁、浜松の4番:雨森 定敦は、南総の先発:大木景知から、
レフトスタンド最前列に飛び込むツーラン。

しかし、南総も負けてはいない。
その裏2死から、朝倉義景が雨森 定敦のエラーで出塁すると、
剣豪4番:伊東一刀斎がバックスクリーンへツーラン!!!
更に2回裏には、2死満塁から朝倉 義景がセンター返し、さらにさらに剣豪4番もセンター返し!!!
2点を追加します。

んーーーーー、が。。。。

つぎのイニングに、浜松の6番:本多 常賢が、大木のど真ん中120km直球を
左中間スタンドに叩き込むソロホームラン。1点差。

4回表、1番:土岐 郷経、2番:大徳寺 維具、が連続センターオーバーツーベースで1点。
同点かよーーーーーーーーー。

このあともヒットが出て、1死1・3塁。しかも先制本塁打の4番:雨森 定敦。
絶体絶命のピンチで、また大木が、ど真ん中におっそいストレート
投げやがってさあ。打球は強烈に三遊間を襲う!!!!

が!!!
ショート:藤方 春康がこれを好捕、2塁フォースアウト、ベースカバーのセカンド朝倉義景が
素早く1塁に送りダブルプレー!! なんと同点でこの回をしのぎました!!!!

そしてピンチのあとにはチャンスがあります。
1死1・3塁、剣豪4番の内野安打で1点。戸次 連衛門の左前打で1点。2点差にします。

ですが。大木がピリッとしません。
5回表に佐治 国守にタイムリーを食らい、1点差。
実に85球の内、ど真ん中が17球。ど真ん中率20%。
次の6回は卜部 義高にマウンドを譲りました。
が。
その卜部が、エラーで出た走者をバントで送られ、益田 雄元のタイムリーで同点。
神後 広鑑に交代するも、7回にその神後がタイムリーをくらい、勝ち越される。。。。。

結局7・8・9回を、五代 融嗣、三上 資盈、木脇 長伸のリレーで逃げ切られ、
1点差負け。

浜松 7 vs 6 南総

ちょっと、これはくやしいわー。ダメージでかいわー。

次の甲斐戦は勝ち越しましょう。



その他の試合
春日山 7 vs 1 奥羽
甲斐 8 vs 2 坂東
薩摩 3 vs 7 佐和山
山陰 0 vs 9 洛中
博多 2 vs 5 土佐
スポンサーサイト
Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[ プレイ日記1年目_前半戦

thema:歴史 - genre:学問・文化・芸術


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。