自作無料ゲーム「戦国風表計算野球」を自ら遊んだプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 納豆城 護
 
[スポンサー広告
山中 鹿之助
戦国の話 >>

読みました。

出雲の鷹上
出雲の鷹 (上) (文春文庫 (282‐7))


出雲の鷹下
出雲の鷹 (下) (文春文庫 (282‐8))


出雲の戦国大名:尼子氏の家臣、山中鹿之助 が主人公です。



不屈



です。不撓不屈、凄まじい精神力、恐ろしい粘り。
ここまで鋼鉄の信念があると、逆に
鈍感なんじゃないの?と思っちゃいます。

鹿之助がいっぱしの武将として活躍した時期は、
すでに尼子の落日期。

鹿之助少年期は、すでに尼子経久は伝説の人。
そして経久の孫:晴久による新宮党抹殺事件。
鹿之助の若き日、月山富田城の上空には、
分厚い暗雲がとぐろを巻いていたのです。

でもそんなの全然関係なく、
七難八苦がうれしい人、苦労がうれしい、マゾなんじゃないのか?
というくらいの逆境OK:鹿之助、
完全崩壊した尼子の再興に向け、走り続けます。

これに付きあわされる周りの人間も大変だと思いますが、
潰されても潰されても鹿之助とともに立ち上がる。
鹿之助だけでなく、立原久綱らコアメンバーの意志が
ブレなかったからこそ、周りが皆、これに従ったのでしょう。



亡国のど根性戦国テロ集団による、泥臭い決起録。

ストレートに、元気をもらいました。
スポンサーサイト
Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[戦国

thema:歴史 - genre:学問・文化・芸術


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。