自作無料ゲーム「戦国風表計算野球」を自ら遊んだプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 納豆城 護
 
[スポンサー広告
4・29 千葉ロッテ×埼玉西武
野球の話 >>

観てきました。

岡本洋介※ 4回表、
  岡本洋介登板。

  このあと、
  あんなツラい目に
  会うとは。
  可哀そうに。

 (遠いですけど
  岡本です。
  私の席で、
  古いカメラの望遠
  じゃあ、
  これが限界。)




千葉ロッテ:香月良仁、埼玉西武:田中靖洋という
「プロ入り初先発兄もプロ野球選手対決」
で幕開けした試合。

色んな投手が観れて面白かったです。
ロッテの海坊主:大谷智久や、西武の岡本洋介と、ルーキーも登板。
なつかしの山田秋親も出た。


ただ結局この試合を総括すると、
「田中、岡本のほろ苦(激辛?)思ひ出(トラウマ?)ゲーム」
になってしまった感じです。


田中 靖洋
 3回 打者18 被安打6 与四球4 奪三振3 自責点4 当試合whip3.00

初回の3失点は、本人も何が何だかわからん間に
取られちゃった感じでしょう。
私も、モルツの支払いに手間取りつつ、
専門店で購入したおにぎり3個(明太子・ツナ・赤飯)をむさぼっていたら
いつの間にか3点入っちゃってましたから。

悔しいのは3回ですね。2死をポンポンと取ったあと、
ヒット、四球、ヒットで1失点。
どうもセットポジションになると制球が悪化するようですね。
ようやく調子が出始めた感じだったので、降板の因となったこの1点が悔やまれます。

監督が言うように「ハマれば面白い」かも。
もう一度、先発で観たいです。



岡本 洋介
 2回 打者14 被安打5 与四球2 奪三振1 自責点4 当試合whip3.50


岡本はほろ苦じゃなくて、激辛です。
トラウマにならなきゃいいが。

田中の後をうけ、4回表のアタマから行きましたが、
先頭の西岡にワンバン投球が2球、
その後中島はエラーするし、
1死も取れずに2点とられるし、1死後もまた点とられるし。
次の回も1点とられるし。
横浜との日本シリーズで火ダルマになりながら
交代させてもらえなかった新谷を思い出しました。


「ルーキーだからしょうがねえ!使った監督の責任だ!」
くらいの気持ちの切替が必要でしょう。



今年の西武投手陣は昨年より面子が揃ってます。
きっとチャンスは少ないから、2人とも次こそ
キラリと光る活躍を期待します!!
スポンサーサイト
Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[野球

thema:プロ野球 - genre:スポーツ


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。