自作無料ゲーム「戦国風表計算野球」を自ら遊んだプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 納豆城 護
 
[スポンサー広告
情報さん、こんにちわ。 【1年目第119試合終了後】
無料ゲーム:プレイ日記 「戦国風表計算野球00_e」 >>

かつて我が南総シャークス首脳陣の、人を見る目のなさを
嘆いたことがありました。  >>これ

「戦国風表計算野球」では、
首脳陣の「スカウト」能力に応じて、
選手能力を示す一覧表の表示も変わってきます。



Ⅰ: 上・中・下の3段階評価
Ⅱ: A~Eの5段階評価
Ⅲ: 10~0の10段階評価
Ⅳ: 0~100の100段階評価



使用前我が南総は、自軍データはⅡ、他チームはⅠ。

かなり広い範囲が「C」と「中」なんです。
これじゃあ、
まともなデータ分析
なんて出来ぬ!!





それが119試合目を終わった後、選手データを作表してみたら。



使用後データが
詳細化してるぅぅ!


自軍が
10段階評価に。
他チームも
5段階評価に!



ふ~~ん。

三谷から三木までの5人全員、以前の評価だと全員「頭脳」が「C」だったのが、
6,5,4とその数値が分かれました。
へえ、三谷は結構アタマ良かったんだ。。。。。

なんて感じで、もう、
今まで「こいつ普通だな」と思ってたヤツが以外と良かったり、
「長打力あるなあ」と思ってヤツが数値的には大したこと無かったり※。
 ※ 期待の大砲:津森が意外の「6」だったんですよね。

って感じで、
延々、2時間 ほど「データ分析」しちゃいました。
眺めてただけですけど。
私の中で、これまでの選手に対する評価が大きく変わっていきました。


*******


そもそも、なんでデータが詳細化したのか?


それは首脳陣の成長が原因です。

このゲームでは首脳陣も成長します。

おそらく南総の誰かの「スカウト」能力が向上したんでしょう。


開幕当時はこんな感じ。

犬童 武政    C
大和田 永経   C
執行 厳知    E
多功 祐鎮    D


そして今回は、こう。

犬童 武政    4
大和田 永経   5
執行 厳知    1
多功 祐鎮    3


成長したのは大和田コーチ だな。多分。
まあ、「5」ですから、大したことないけど、
やっぱ、自軍を10段階評価でデータ見れるようになったのは
デカい。

当リーグは現在、
4チームが3.5差にひしめく、激しい優勝争いを繰り広げてます。
このデータ能力の向上は、今後南総が抜け出る為に、
大きな要素になるでしょう。


ああ~~。
うれしい!
スポンサーサイト
Posted by 納豆城 護
comment:2   trackback:0
[ プレイ日記1年目_後半戦

thema:ゲームプレイ日記 - genre:ゲーム


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。