自作無料ゲーム「戦国風表計算野球」を自ら遊んだプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 納豆城 護
 
[スポンサー広告
鮫の牙  【2年目関ケ原シリーズ初戦】
無料ゲーム「戦国風表計算野球00_h2」 : プレイ日記 >>


関ケ原シリーズ 第1戦 (2年目シーズン)


kai 南総シャークス
          vs
met_ouu洛中フェニックス
                    於:内裏球場

得点板 >>2年目の関が原1試合目



ついに始まりました 関ケ原シリーズ

戦雲リーグを制した我が南総シャークスと、
乱世リーグの覇者:洛中フェニックス

第1・2戦は洛中のホーム、内裏球場で行われます。

前回、洛中の傾向を紹介しましたが  >>これ
そこでもふれたように投手はどちらかというと救援陣重視。

その為か第1戦に、我が南総はエース:不動寺春佐を立てたのに対し、
洛中の先発は、13勝を挙げたエース:谷柏二守ではなく、
成松貞史
9勝8敗、防御率3.68、whip1.68 と微妙な成績。


とはいえやはり怖い、
12球団随一の152本塁打をかっとばした
「火の鳥打線」
12球団トップのチーム打率.292を誇る我が
「人食い鮫打線」との打ち合いになるか。


先制したのは火の鳥打線。
意外な形で点が入ります。2回裏、南総先発:不動寺は
先頭の5番:江村景慶に対し1B-2Sと追い込むも、4球目外角低目に外した
ボール球のシンカーをうまくひっぱられ、3塁線を抜けるツーベース、
続く6番:尾上言吉が初球をきっちり送って、1死3塁。



捕手_南総打席には7番:木脇益照、1B-2Sとまた追い込んだが、
4球目、捕手: 槙島祗治 が
要求した外角高めに外すストレートを捕りそこねて
パスボール


シーズン517回1/3をマスクかぶって一度もパスボールのなかった※
鉄壁の捕手がまさかのタイムリーエラーです。
 ※38試合目から記録を取っています。


これが頂上決戦の怖さなんでしょうか。
予期しないことが起こります。


ですが、そこは12球団最多の106失策を犯している
我が南総シャークス、エラーした分は打撃で倍返し、
得意の過剰防衛です。


3回表、
あざやかな集中攻撃 を見せつけます。

先頭は8番:槙島祗治、初球外角高めのチェンジアップを強振、
3塁線を破るツーベースで早速汚名挽回。
1死後、1番:佐野昌綱が初球ど真ん中のフォークをセンター前に運び、
続く2番:鞍谷尚由が四球を選んで1死満塁。
ここで3番:蔡廉正 が、2球目ボール球のフォークを
センター前に打ち返すタイムリー、あっさり追いつきます。


伊東一刀斎_修正そして左打席に剣豪四番、
2年連続首位打者の 伊東一刀斎


1B-1Sからの3球目、高めに浮いた
127km/hボール球のチェンジアップを一閃、
三遊間を痛烈に抜いて、これまたタイムリー。
次の5番:朝倉 義景の内野ゴロもダブルプレー崩れで1点を生み、
この回3得点。


一気の勝ち越しです。


このあと洛中先発の成松は精彩を欠いて、4回表こそなんとか無失点で
しのいだものの、5回には無死1・2塁のピンチを作って降板。
79球、5回0/3、自責3、被安打7、与四球4とあまり良くありませんでした。


あとを受けた真壁 鎮経が5回表をしのぐものの、
続く6回表、可哀そうに人食い鮫に噛みつかれます。

朝倉義景_打者先頭の9番:藤方春康のセンター前を皮切りに、
1番:佐野の四球、3番:蔡の左前打でまたもや1死満塁のお膳立て、
再びの剣豪四番:伊東一刀斎。
ここで呼吸するようにタイムリー、力ないシンカーを
センター前に運んで追加点。
続く朝倉義景が押し出しを選んで、こちらもなにげに
2打点目。



一方の我がエース:不動寺は結局あのパスボールによる1失点のみ。
7回70球、被安打4、与四球1 と見事な投球。
8・9回を石巻・秦泉寺が無失点で締めてゲームセット。


5-1で南総シャークス、
大事な初戦を獲りました。


次回、第2戦をお伝えします。
初戦は不動寺の前に沈黙した火の鳥打線、
次は目を覚ませるか?


メット_洛中


スポンサーサイト
Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[ プレイ日記2年目_後半戦

thema:ゲームプレイ日記 - genre:ゲーム


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。