自作無料ゲーム「戦国風表計算野球」を自ら遊んだプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 納豆城 護
 
[スポンサー広告
米沢城について
戦国の話 >>

ジェームズ三木 & 渡辺謙の「独眼竜政宗」。
観た時期が多感な頃でしたから、私の中で影響の大きいドラマです。
岩下志麻のお東の方は怖かったな~。
あと原田芳雄の最上義光。あれは、格好よかった。渋い。
山形城で義光の銅像見たけど、馬がヒヒーンってなってて、良いポーズ。
って山形城の話じゃないや、米沢城。


米沢城は、政宗が最上や蘆名、大崎とかと争ってた頃の居城だから、
ドラマもかなり盛り上がってて、劇中「米沢」「米沢」と連呼されてた。
で、印象が強いのです。

の割に何も知らない俺。


平城だったんだ。。。。

輪郭式。本丸の周りを二の丸が囲み、その周りの三の丸は武家屋敷。
あまり堅城には見えない。個人的に、平城はよほど大きくないと籠城に不安です。
4km離れた山城:館山城が詰めの城
とも聞きます。

天守は無く、高さ13mの「御三階櫓」が本丸に建ってましたが、
明治7年頃壊されます。
明治初年の古写真が残っているようですが、結構かわいいですね。
こういう櫓とかちっさい天守(弘前城とか)好きです。

出羽国置賜地方を、天授6(1380)年の伊達宗遠以来210年間領した伊達家、
その内、米沢には晴宗、輝宗、政宗の3代50年在城。
その後、蒲生が8年、そして上杉が幕末まで本城にします。

今、「天地人」を観る多感な少年にとって、米沢城は伊達の城というより、
上杉の城、直江の城、としての印象の方が強くなるのだろう。
上杉といえば、鎧着たまま甕に入った上杉謙信の遺骸。
春日山>会津若松>米沢 と移転してきた。
米沢城では本丸東南隅に安置。以後、米沢藩の精神的なシンボルになったようです。
でも、「鎧着たまま甕に入った上杉謙信の遺骸」って。
ちょっと壮絶です。
スポンサーサイト
Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[戦国

thema:歴史 - genre:学問・文化・芸術


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sengokuyakyu.blog22.fc2.com/tb.php/105-a7781572
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。