自作無料ゲーム「戦国風表計算野球」を自ら遊んだプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 納豆城 護
 
[スポンサー広告
スマホの戦国ゲーム
戦国の話 >>>


先日ちょっと書きましたが、

発見!ニッポン城めぐり

というゲームをやっており、下記のバナーを貼ると
ゲームの中の貫高が増えるというので、貼りました。

城めぐり





今まで、iphoneのゲームはやったことなかったのですが、
何かスマホのゲームを経験してみたいなー、
どうせならやっぱり野球か戦国がいいなー、と探してて、
ダウンロードしたのがコレです。


GPSを使った位置ゲーで、特定の位置で「城攻め」ボタンを押すと、
近くの城やそこにちなんだ武将を、攻略出来たり登用出来たりします。
結構仕事で色んなところに行くので、
私の生活スタイルに合ったゲームかもしれません。


お城も、武将もマニアックなのが結構出てきて、
私、知らないコトだらけです。

(そんなやつが戦国風のゲーム作ってていいのか?)
知識がどんどん増えて嬉しいですね。





ちなみに私は前から、
大友氏の家臣が頭の中で
イマイチ印象に残らずにおりました。


臼杵(ウスキ)、佐伯(サイキ)、別次(ベッキ)…
田原、田北 ……
吉岡、吉弘 ……

なんだか名字が紛らわしいんですよね。


さらにファーストネームも、分かりにくい。
当主の大友義鑑、大友義鎮親子が
偏諱を下しまくったのか、
「鑑」と「鎮」のオンパレードなんです。


なので、名前と人物が一致するのは、
立花道雪、高橋紹運、角隈石宗、立花宗茂 くらい。

でも高橋紹運は、吉弘鑑理の息子で「吉弘鎮理」と名乗っていた訳ですから
この「大友紛らわしい地帯」のど真ん中にいる人ですよね。


ただ、このゲームでこの紛らわしい人たちが
ちらほら登用できて、少しづつ私の頭の整理が進んでいます。

思わぬ効果です。




wikiのコピペながら、各人・各城の説明もなされています。
戦国好きにはいいゲームかもしれません。

※ 家臣に、人材探索以外にも
  色々仕事を命令できるともっと良いんだけどなー

スポンサーサイト
Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[戦国

thema:歴史 - genre:学問・文化・芸術


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sengokuyakyu.blog22.fc2.com/tb.php/723-93301d26
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。