自作無料ゲーム「戦国風表計算野球」を自ら遊んだプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 納豆城 護
 
[スポンサー広告
黒田官兵衛
戦国の話 >>>

読みました。


【送料無料】播磨灘物語(1)新装版 [ 司馬遼太郎 ]


播磨灘物語(1) 司馬遼太郎

価格:660円(税込、送料込)





2014年大河ドラマの主役:
黒田官兵衛 を描いた小説ということで、
早めに買っておいたが、読むペースが異常に遅く、
しかも4冊もあるし、読了は年末のこの時期になっちゃいました。


多分、大河ドラマは見ませんが、この作品は楽しく読みました。
特に小寺氏に仕えていた頃の様子や荒木村重の有岡城に幽閉されていた様子は、
いままでイメージできてなかったので、
この小説で一度、頭の中に描画したのは良かったと思います。


歴史小説でその人の人生全てを書き切らずに途中から駆け足になるのも、
作家にとっての書きたい時代が書き終わったんだな、と思えて興味深く思うんですが、
この作品の中でも、そんな時期がやって来ます。
かなり描写した時代にメリハリがあったと思います。



さて。

見ないんですけど、大河はどうでしょうか。
宇都宮氏や関ヶ原のくだりもじっくり描くのかな。




※ 描く時代に思い切ったメリハリがついていた作品というと、
  これもそうでした。
  毛利元就が国人領主として、まだ勢力が大きくなかった頃だけで話が終わってます。
 >> これ
スポンサーサイト
Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[戦国

thema:歴史 - genre:学問・文化・芸術


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sengokuyakyu.blog22.fc2.com/tb.php/727-bed2d737
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。