自作無料ゲーム「戦国風表計算野球」を自ら遊んだプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 納豆城 護
 
[スポンサー広告
洛中フェニックス  【2年目関ヶ原シリーズ前夜】
無料ゲーム「戦国風表計算野球00_h2」 : プレイ日記 >>


2年目シーズンの頂上決戦は、
戦雲リーグを制した我が 南総シャークス と、
乱世リーグを制した 洛中フェニックス が激突することになりました。


南総が相まみえる洛中とはどんなチームなのか?



どうも、

まあまあ良く守って、ホームランで勝つ

というチームのようです。


チーム順位防御率
薩摩22.921
洛中13.211
山陰33.345
土佐53.663
博多43.892
佐和山64.955


チーム順位エラー
洛中151
博多451
佐和山659
薩摩268
山陰372
土佐592


チーム順位好守備
佐和山6481
洛中1338
山陰3322
博多4321
薩摩2310
土佐5264



チーム防御率がリーグ2位、エラーが最も少なく、ファインプレーもリーグ2位。
という、なかなか堅実な守りを見せています。



チーム順位QSQS率
土佐5810.540
山陰3620.413
薩摩2510.340
洛中1450.300
博多4430.287
佐和山6420.280


なお、投手の傾向としてはリリーフ優先のようです。
QS率が3割と少なめで、
我が南総シャークスのQS率.613と比べると半分以下の数値です。


40試合以上登板しているリリーフ投手は下記の通り。

氏名登板QRホールドセーブ三振奪取率
深沢 兼六55381499.720
真壁 鎮経65271169.000
九戸 純五郎4921648.926
安芸 雪為57351458.760
多田 頼朝523911108.295
慶徳 虎芸43261716.319

シーズン終盤にクローザーに定着した深沢を筆頭に、
皆んな三振奪取率が 非常に高いのが特徴。
救援陣は充実しているといえます。
なお、防御率は九戸だけ2点台で、あとは3点台です。






さて、一方の打撃面では、一目瞭然の特徴があります。
チーム打率はリーグ3位と普通ですが、

チーム本塁打がダントツです。

チーム順位本塁打打率
博多4440.272
薩摩2620.269
洛中11520.258
山陰3400.250
土佐5300.242
佐和山6340.236

152本は両リーグ通じての1位。



米田は打率.310で、首位打者を獲得しました。
また規定打席到達で3割打者が4人いるのは、お見事。


米田 四歳0.310
景轍 承氏0.306
木脇 益照0.304
横瀬 英縄0.301

なお、景轍の得点圏打率は.448で、ダントツのリーグトップでした。



しかし何と言っても本塁打。
横瀬は38本かっ飛ばして、ホームラン王。
他に20本以上打った打者が3人もいます。


横瀬 英縄38
木脇 益照25
江村 景慶24
尾上 言吉23



まさに強打のチーム。

だがその一方で堅実な守りも併せ持つ。
さすが乱世リーグを統一したチームです。
総合力が高い。


次回から、いよいよこの洛中フェニックスと
わが南総シャークスが戦います。




強打なら、ウチも負けてないぜ!



一刀斎h 

↑ こちらも首位打者、南総の4番:伊東一刀斎。
 
 「人食い鮫打線の怖さ、都びとに見せつけてやるわい。」
 
 と豪語しております。

スポンサーサイト
Posted by 納豆城 護
comment:0   trackback:0
[ プレイ日記2年目_分析等

thema:ゲームプレイ日記 - genre:ゲーム


comment
comment posting














 

trackback URL
http://sengokuyakyu.blog22.fc2.com/tb.php/772-3f9b42c0
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。